貸金業法後にモビットキャッシングをよく使うように

消費者金融などの貸金業者や、貸金業者から借入れる際に定められた法律が貸金業法ですが、これはキャッシングを行う前に知っておきたい法律です。

返済できない程の借金を抱えた多重債務者の増加が、一時期深刻な社会問題になった事があります。
そんな社会問題の解決の為に従来の法律が改正され、貸金業法が作られたという経緯があるのですが、法律のポイントとしては、総量規制・上限金利引き下げ・貸金業者への規制強化という所があがります。

総量規制は、借り過ぎたり貸し過ぎたりを防止する決まり事で、借り入れ残高が年収の3分の1を超えれば新規借り入れ不可能になるという線引きを行い、借り入れ額が膨らまないようにとられた措置です。

上限金利引き下げは、法律上上限金利が29.2%だった過去から、借り入れ金額に応じて、15?20%に引き下げられました。
これによって低金利になったので、返済負担が減りました。

貸金業者への規制というのは法令順守のアドバイスや指導を行う国家資格のある者を営業所に置いておく必要があるという事です。

これらのキャッシングに関わる貸金業法が施行されてから、消費者金融はグッと安全性が増して活用しやすくなりまして、いくつかの消費者金融のカードを持っていますが、もちろんカード全部合わせて年収の3分の1を超えての借り入れは出来ません。

一応大手のカードが安心なので、複数持っているのですが、モビットを使用する事が多いです。
竹中直人CMでお馴染みの消費者金融業界最大手ですが、対応が早いのと、複数業者へのキャッシングを纏める際にモビット活用しはじめたのですが、纏める時に対応も早くて便利でしたし、実質年率は18%という感じですし、その後もモビットでキャッシング活用させてもらう事が多いです。

周りの知人でも、対応の柔軟性や速さ、利便性からモビット使用をしている者は多く、貸金業法を境にカードを持ってキャッシングを行う事に対する抵抗が減った印象はあります、いくつかのカードを持ち活用している方も多くなりました。

返済をキチンと行っていれば電話確認や郵送も来ないように出来るので、プライバシー面も良く、その点からも人気が高いですね。

総量規制対象外のオススメのカードローンはこちら⇒総量規制対象外で即日融資のカードローンはココだね!

カードローンの借り換え

複数ある借入を金利の低いカードローンを利用して借り換えする場合は、金利の低いローンで金利の高いたくさんある借金を完済し、今度はその金利の低いローンに返済していくわけですから、当然負担がなくなります。

しかも住宅ローンの借り換えとは違い面倒な手続きも余分なお金も取られません。

こうした場合の借り換えは、主にカードローン会社が本人に代わり一括に返済する場合もありますが、申込み者自身が金利の低いカードローンから借入して複数の融資会社に一括返済する場合は、細かい利息分もしっかりと確認し返済する事が必要です。
いずれにしてもカードローンを利用し借り換えをする場合は、面倒な手続き無く借入できます。

ですが、そのローンを選ぶ場合は、金利の部分も重視して検討される事が大切で借り換えをしてメリットが得られない場合は借り換えする意味がありませんし、返済の負担も軽減できませんので、商品選びには今まで借りていた融資商品よりも条件が良いという事が必要です。
借り換えを利用する場合は金利がやはり何より負担軽減には重要なので、カードローンを利用する借り換えを行う場合は、金利、条件等をよく確認し今の状態よりも有利になる商品を選ぶ事をお勧めします。